「資料館」タグアーカイブ

広島平和記念資料館・本館

1945年8月6日午前8時15分、広島は世界で初めて原子爆弾による被害を受けました。
街は破壊され、多くの人びとの生命がうばわれました。
かろうじて生き残った人も、心と体に大きな痛手を受け、多くの被爆者がいまなお苦しんでいます。
平和記念資料館は、被爆者の遺品や被爆の惨状を示す写真や資料を収集・展示するとともに、広島の被爆前後の歩みや核時代の状況などについて紹介しています。
資料は、人びとの悲しみや怒りが込められています。
原爆の惨禍から蘇った広島の願いは、核兵器のない平和な社会を実現することです。
2006年7月5日、広島平和記念資料館・本館は、意匠的に優秀なものと評価され、わが国の戦後建築物としては初めて国の重要文化財に指定されました。

住所広島県広島市中区中島町1-2 平和記念公園内
電話082-241-4004
開館08:30
閉館17:00(1~2月と12月)
18:00(3~7月と9~11月)
19:00(8月)
入館は閉館時間の30分前まで

平和記念資料館

平和記念資料館本館