「観光地」タグアーカイブ

広島県ガイド

広島県を旅行するエリアは大きく分けて4つに分かれます。
世界遺産をめぐる「広島・宮島」エリア。
古い町並みが現在でもあり、雰囲気を楽しみながら散策する「福山・尾道」エリア。
広島空港を中心とした観光地をめぐる「三原・竹原・東広島・呉」エリア。
のどかな雰囲気があり自然を満喫する「庄原・三次・芸北」エリア。

広島・呉エリア

広島県の広島・宮島エリアは、広島の中心地でありながら豊かな自然と歴史を残し続けています。
年間を通じて旅行客で賑わいがある宮島は、広島旅行には欠かすことのできないエリアです。
ロープウェーで弥山へ着けば、世界文化遺産に指定されている宮島厳島神社と瀬戸内海の島々を一望。
広島市中心地には平和記念公園があり、広大な公園内にある記念碑を巡り歩くことで平和を学ぶことができます。

福山・尾道

広島県の福山・尾道エリアは、古い街並みが現在でも続いており、情緒溢れる雰囲気は歩きながら旅行を楽しむことのできる景観があります。
福山では、鞆の浦に古い土壁の連なる路地や民家が今も残っており、尾道の千光寺山ロープウェイで頂上へ昇っていけば、尾道の代表的な建造物である千光寺といっしょに、尾道市街地のさらに向こう側にある瀬戸内しまなみ海道やその先の四国までも眺めることのできる絶景が広がっています。

三原・竹原・東広島・呉

広島県の三原・竹原・東広島・呉エリアは、三原に広島空港があるため全国からの旅行者が訪れやすいエリアです。
呉は造船で栄えた所で軍艦関連の施設が多く、日本で唯一潜水艦を間近で見ることができます。
海上自衛隊呉資料館、大和ミュージアムなどの施設があり見応えは十分。
安芸の小京都と呼ばれる竹原の風情ある街並みを歩けば、ちょっとしたタイムスリップ気分を味わえる。
このエリアは、聖地巡礼で来訪される方が多いのも特徴です。

庄原・三次・芸北

広島県の庄原・三次・芸北エリアは、のどかな自然が広がる地域です。
都会の雰囲気に疲れた方には、非常に癒されるエリア。
こちらの地域は、神楽(かぐら)と呼ばれる演舞が有名で、遠くは海外から旅行で訪れて見に来られる方も多いです。
また、ユネスコ無形文化遺産にも登録されている「壬生の花田植」が行われています。
毎年6月の第1日曜日に行われているため、このエリアを訪れるなら外せないイベントのひとつです。