「広島県」タグアーカイブ

宮島ロープウェイ

宮島に行って弥山の頂上を目指す方法は2つあります。
宮島ロープウェイで登る方法と、山頂まで歩いて登る方法です。
それぞれの楽しみ方がありますので、両方、ご紹介します。

宮島ロープウェイ

住所広島県廿日市市宮島町もみじ谷
電話0829-44-0316
営業時間8:00~17:00 季節による変更あり

先に書いておくのは料金についてです、弥山山頂に登るお得方法は、宮島口でフェリー乗船券を購入する時に往復で割引になるのは普通ですが、宮島ロープウェイの乗車券もセットにして購入する事を勧めます。料金割引だけでなく、道々にあるお店屋さんによってですが、切符のセット具合でおまけサービスがあります。

足の調子が悪い人は、厳島神社の参拝をすませてから、紅葉谷に向かいますが軽い坂道でもキツイ。そこで紅葉谷公園入口バス停を目指しましょう。無料バスで紅葉谷公園の奥にある宮島ロープウェイの紅葉谷駅まで運んでくれます。紅葉谷を散策したい方は、足への負担が少ない下りで楽しみましょう。

弥山登山道

弥山に登る登山道は3ルートあります。
一応、地元民しか知らないコースもありますが、案内板が無いので迷いますので、今回は除外します。
ご紹介するコースは、紅葉谷が登りも下りも初心者向きです。大聖院は、道を間違える事はありませんが気力と体力がそこそこいります。 大元は登山経験者向きです。

弥山登山道 紅葉谷コースは、初心者向きです・・・が、散歩の気持ちで行ったらエライ目に。登山道という名称通り、しっかりとした靴にして登らないと結構キツイです。紅葉の季節になったら、景観を眺めつつ楽しめるコースなのと、宮島ロープウェイに合流するので、初めての初心者登山向きでしょう。

弥山登山道 大聖院コースは、整備されていて迷うことのないコースです。 昔の台風被害で整備されたのですが、整備されすぎて、山道があまりなく、コースのほとんどが階段です。見晴らしがよくて、所々にある休憩所は周辺の枝が適度に伐採されているので厳島神社がよく見えます。 行った人に聞き込みすると皆さんが「階段が」と必ず言います。階段が続くので、高さの割には山道より、階段の方がきつく感じました。 大聖院のすぐ横から山道に入れるので軽装で登る人もみられますが、しっかりしたトレッキングシューズで登るのをおすすめします。

弥山登山道 大元コースは、神々しいコースです。大元公園から登り始めますが、駒ケ林経由弥山頂上行きの長いコースです。
最初は、道が舗装されていて歩きやすいのですが、段々と登山道らしく勾配が厳しくなり、高低差バラバラの石段が始まります。途中で石仏群や富士岩、水子地蔵、大師堂、弁財天石碑を通り、岩屋大師、三仏像石を通過すると、駒ヶ林頂上との分岐が見えます。駒ヶ林からの景色も絶景なので体力に余裕があれば是非チャレンジ。 分岐をまっすぐ進めば、すぐに仁王門前の分岐に入るので、そこから弥山頂上まで、もう少し。軽登山経験者で麓から山頂まで約2時間かかります。

猫の細道

艮(うしとら)神社の傍にある細い坂道。
福石猫がたくさん置いている尾道市の観光スポット。
この細道には猫たちの通り道がつながっていて色々な猫たちが集まっている道で、猫ファンは聞いたことがあるスポット。

住所広島県尾道市東土堂町19-26
電話0848-25-2201(招き猫美術館)

平和記念公園

平和記念公園は、原爆死没者を慰霊し、世界恒久平和を祈念する場として整備されました。
公園内には、世界遺産に登録された原爆ドームや国の重要文化財である広島平和記念資料館・国立広島原爆死没者追悼平和祈念館・国際会議場・原爆死没者慰霊碑など、色々な慰霊碑や祈念碑が公園内にあります。

住所 広島県広島市中区中島町1および大手町1-10
電話082-504-2390

広島平和記念資料館・本館

1945年8月6日午前8時15分、広島は世界で初めて原子爆弾による被害を受けました。
街は破壊され、多くの人びとの生命がうばわれました。
かろうじて生き残った人も、心と体に大きな痛手を受け、多くの被爆者がいまなお苦しんでいます。
平和記念資料館は、被爆者の遺品や被爆の惨状を示す写真や資料を収集・展示するとともに、広島の被爆前後の歩みや核時代の状況などについて紹介しています。
資料は、人びとの悲しみや怒りが込められています。
原爆の惨禍から蘇った広島の願いは、核兵器のない平和な社会を実現することです。
2006年7月5日、広島平和記念資料館・本館は、意匠的に優秀なものと評価され、わが国の戦後建築物としては初めて国の重要文化財に指定されました。

住所広島県広島市中区中島町1-2 平和記念公園内
電話082-241-4004
開館08:30
閉館17:00(1~2月と12月)
18:00(3~7月と9~11月)
19:00(8月)
入館は閉館時間の30分前まで

平和記念資料館

平和記念資料館本館

原爆ドーム

チェコ人の建築家、ヤン・レツル氏の設計で1915年に開館。広島市の中心街にあった「広島県産業奨励館」です。建物の上空で原爆が投下されたために、現在の姿になりました。昭和20年8月6日の原爆の実状を伝えるため永久保存されています。1996年にユネスコの世界遺産として登録されました。

住所広島県広島市中区大手町1-1-10
電話082-242-7831
HPcity.hiroshima.lg.jp