「広島市」タグアーカイブ

平和記念公園

平和記念公園は、原爆死没者を慰霊し、世界恒久平和を祈念する場として整備されました。
公園内には、世界遺産に登録された原爆ドームや国の重要文化財である広島平和記念資料館・国立広島原爆死没者追悼平和祈念館・国際会議場・原爆死没者慰霊碑など、色々な慰霊碑や祈念碑が公園内にあります。

住所 広島県広島市中区中島町1および大手町1-10
電話082-504-2390

広島平和記念資料館・本館

1945年8月6日午前8時15分、広島は世界で初めて原子爆弾による被害を受けました。
街は破壊され、多くの人びとの生命がうばわれました。
かろうじて生き残った人も、心と体に大きな痛手を受け、多くの被爆者がいまなお苦しんでいます。
平和記念資料館は、被爆者の遺品や被爆の惨状を示す写真や資料を収集・展示するとともに、広島の被爆前後の歩みや核時代の状況などについて紹介しています。
資料は、人びとの悲しみや怒りが込められています。
原爆の惨禍から蘇った広島の願いは、核兵器のない平和な社会を実現することです。
2006年7月5日、広島平和記念資料館・本館は、意匠的に優秀なものと評価され、わが国の戦後建築物としては初めて国の重要文化財に指定されました。

住所広島県広島市中区中島町1-2 平和記念公園内
電話082-241-4004
開館08:30
閉館17:00(1~2月と12月)
18:00(3~7月と9~11月)
19:00(8月)
入館は閉館時間の30分前まで

平和記念資料館

平和記念資料館本館

原爆ドーム

チェコ人の建築家、ヤン・レツル氏の設計で1915年に開館。広島市の中心街にあった「広島県産業奨励館」です。建物の上空で原爆が投下されたために、現在の姿になりました。昭和20年8月6日の原爆の実状を伝えるため永久保存されています。1996年にユネスコの世界遺産として登録されました。

住所広島県広島市中区大手町1-1-10
電話082-242-7831
HPcity.hiroshima.lg.jp

広島と原爆

歴史ある城下町の広島。
原爆の悲劇を伝える史跡をめぐりながら、平和への祈りを考えるコースです。

広島市内の5ヶ所を回ります。
所要時間は5~6時間です。
のんびりと広島市内を歩いてみましょう。

1.広島平和記念公園・資料館

原爆の悲劇を世界に伝え、核兵器の廃絶と世界恒久平和に寄与することを願って設立されました。被爆者の遺品や被爆の惨状を示す写真や資料の展示、被爆者による体験講和会の実施されています。

2.平和記念公園

市民の願いの場所でもあり、平和の鐘や原爆の子の像など、数々の慰霊碑や記念碑が建っています。ここは祈りと鎮魂の地なのです。毎年、原爆が投下された8月6日は、平和記念式典の会場になります。平和記念式典で、原爆投下の時刻に合わせて黙祷がありますが、この時は広島市内のアチコチで鎮魂のために、サイレンや鐘が鳴ったりして、広島市内の刻が止まります。

3.原爆ドーム

1915年の建設当時は、ヨーロッパ調のモダンな建物が目を引く広島県物産陳列館でした。しかし、原爆投下されたのが、ほぼ直上だったため、爆風により現在の姿になってしまいました。そして、1996年に世界遺産に登録しました。

4.広島城

毛利元就の孫、輝元が築いた名城。鯉城とも呼ばれ、中国地方の中心として城下町とともに発展。原爆により大部分が失われたが、復元により1994年には、南側にあった二の丸の姿も蘇った。

5.縮景園

藩主浅野晟の別邸として造られた名園。中国浙江省西湖の風景を模したという回遊式庭園は、歴代藩主に愛されてきた。梅や桜の名所として知られ、季節毎の風景を楽しみに来園されます。