ご当地ガイド(広島県)

広島県を大きく分けると4つになります。
 ☆広島・宮島
 ☆呉・江田島
 ☆福山・尾道・しまなみ海道
 ☆三次・尾道
それぞれの説明を簡単に下記にまとめました。


★広島・宮島

世界遺産が、あちこちにある広島県の観光地は、広島市と廿日市市宮島町にあります。
広島市内で代表的なのは、世界中から人が訪れる原爆ドームや平和記念公園と、毛利輝元が築城した広島城など。
廿日市市宮島町は、朱塗りの大鳥居で有名な厳島神社があり、海の満ち引きで景観が変わり、満潮時には社殿が海に浮かんでいるように見えるので有名です。


★呉・江田島

造船や軍港で栄えた海の街・呉。
呉市内にある大和ミュージアムには、10分の1の大きさの戦艦大和や零式艦上戦闘機の模型が展示されています。
また、海上自衛隊の護衛艦の一般公開や、下蒲刈島などの瀬戸内海の島々にも見所が沢山あります。


★福山・尾道・しまなみ海道

古い町並みがある坂の町・尾道。
文豪・志賀直哉ゆかりの地としても知られていて旧居が残っています。
愛媛県今治市まで、瀬戸内海の島々をつなぐ、しまなみ海道や、白壁と格子の街並みが美しい竹原など、近隣の名所も色々あります。

★三次・庄原

夏の鵜飼で知られている山間の町・三次。
四季の花が咲き誇る備北丘陵公園がある庄原など自然散策が楽しい地域。
なかでも自然の造形美が連続する帝釈峡。
渓流の浸食が見事な雄橋や、神秘的な白雲洞など、自然が作り上げた美しい景観を楽しむ地域です。

新しいシステムで再起動

「どこいこねっと」は、地道にコツコツと続けて、いつの間にか、新元号の変わる節目に、新しい機能を付け加えて、さらに使いやすく情報が探しやすい新しいシステムで平成31年の元旦から再起動しました。

よくよく考えると、「どこいこねっと」の始まりも昭和64年の元旦からスタート。基本的な機能のみで、流行を追わずに、基本の形でコツコツと歩んできました。

コツコツと続けて、情報の再確認と新しい機能を付け加える為に、平成30年の夏ごろから特許庁への申請に合わせて、新機能を追加する為にリニューアルを開始。新しい機能を付け加えて、再起動しました。

「どこいこねっと」が始まった「昭和64年」と新しい機能を付け加えて再起動した「平成31年」で気付きましたでしょうか?

両方とも、元号が変わった年です。狙ったわけではありませんが、偶然にも元号が変わった年度の元旦から、始まりと再起動です。まだまだ、地道にコツコツと続けますし、新しい風も取り入れたいので、色々なチャレンジをします。末永くお付き合い下さい。

2019年元旦